So-net無料ブログ作成

友人からお祝いメッセージ [選挙]

10月7日(月)

「声聞いていたよ」と

朝、どなたかわからない人から、「良かったね。加納さんが応援した人が当選して」と電話。「うちの近所で、加納さんが演説していたのを聞いていたよ」

補選のほうも、こちら側の候補者が当選した。先方は大組織の上、一人に絞って町長とセットで「顔見せ」していた。

それに比べ、こっち側(と、思える人)は、調整もできないまま2人が立候補。これはまずいな、と思っていたが、結果は、ワンツーフィニッシュ。

当選したのは、選挙事務所に家族を含め、5人しかいなかった候補者だった。しかし、事務所内は、めげずにアットホーム。ウグイスは娘さんと奥様が交代でこなしたようだ。ポスターを貼り終わったのは告示日の午後3時だったとか・・。当然といえば当然だが、戸別訪問は一切やらない(て、言うかやれないでしょ、これでは)

しかし、最後の日にお邪魔したが、食べるものも手作り感満載。

町長選のほうは、4日目頃から、(いけるかも)と思った。街頭演説に、窓の向こうから、あるいは玄関を細めにあけて聞いている人の動きがわかったから。(動員をかけたわけでもなかったのに、です)

大組織の人海作戦を前に、いちど吹いた風も、3日目辺りで止んでしまうのがこういう選挙の常だが、今回は「風」が最後まで止まなかった。4年前も勝てる選挙だったが、こっち側に3人も乱立したの(だけ)が、敗因だったのだ。

幹部職員をはじめ、役場内では明らかにこちら側に迷惑顔をしていた。しかし、結果は、どうして、どうして、選挙民は「役場」とは真逆の判断を下したのだ。

これからだ

しかし、これからが大事です。「変わりたい」と願う選挙民を動かし、全く腰砕けになってしまった民主党のようであってはいけない。

自分も研鑽をつみ、がんばらねば・・。責任がある・・。


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。