So-net無料ブログ作成

選挙戦1日目を終えて [選挙]

2月3日(水)

選対はにぎやかに、楽しく

昨日から5日間の選挙戦が始まりました。これまでの出遅れと違い、スムーズに滑り出しました。「案ずるより産むがやすし」役場8時半、警察の審査を受ける「警察組」2人と事務所組の私ともうひとりで役場へ。申請順番を引くくじを引くと9番。これはポスターの掲示番号でもある。場所としてはあまりいい位置ではありませんが、それほど影響なし。もうすでに3手に分かれて待機中のポスター班に掲示番号を知らせる。

申請書類はたった2分でパス。腕章や演説の旗など(選挙グッズ)をもらい、私は事務所に戻った。「警察審査」組もすぐにパスしたとか。滑り出しまことに良好。

出陣式は、人員がいないけど一応やることになっていた。しかし、5回の選挙で初めてでありますが、応援弁士がいない。「いいよ、いいよ、候補者と選対本部長があっさりやっておしまいにしよう」ということになった。が、なんとそこに救いの神が。仲間の蓮田市議が「午後からの予定だったけど早く来た」と。さっそく応援演説を頼む。

出陣式に人出が多い方がいい、というのは何回か選挙を経験すると、あまり大事な要素ではないと思う。派手にやればやるほど票が集まるわけでもないし・・。

蓮田の市議が言う。「えっ、宮代町の選挙では、選挙カーの審査のために杉戸警察まで行くの? 蓮田は市役所まで警察の方で来るよ」と。

そーなんですよ。そこなんですよ、選挙のたびに、選管と杉戸警察に要請しているのは。宮代町から4号線をはるばる杉戸警察まで行く光景の仰々しさ・・面倒だし、恥ずかしい。

私「それも含めて、警察にはいろいろ抗議、要望を言っているのよ。昨日も,K党の違反すれすれ行動を通報し、すぐ現場に来てくれっていった。選挙告示までの1か月半、連日違反すれすれ、違反間違いなしの行動に、住民から通報があったはず。警察は1回でも、勧告、指導したことがあったのか、無かったのか?」と。

警察・刑事課の担当者は「それは・・はっきり違反とわからないのに、そんなことしたら選挙妨害と言われる恐れがあるから・・」と、歯切れが悪かった。「なんだ、これだけ取りざたされているのに、結局、1回も何もしなかったんですね」と言ってやった。

選挙違反(の疑い)、杉戸警察まで審査を受けに出向くことなど、抗議している議員(候補者)は、私くらいらしい。

「あんまり文句ばかり言っていると、公務執行妨害で逮捕されるかもしれない。それも候補者としてはかっこ悪いからやめるね」と、冗談を言った。みんな(警察にケンカ売るからね、この人は)という顔している。

だけど、人手不足は、何も改善しないことの言い訳にはならないぜ、警察!

事務所はいいムード

それにしても、加納選対は、いいムードだ。事務所の中はいつもあったかく、スタッフが談笑している。外から帰った街宣部隊は「お疲れさん」とねぎらわれる。

少数精鋭。それぞれがしっかり役割を果たしている。本当にありがたい。

なんだかんだ言っても、残り4日。今日は街角ミニ演説を多く取りれてみよう。充実しています。

※、横目で見たてれびの「今日の占い」

うお座  :  ミス連発、トラブル発生! 


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。