So-net無料ブログ作成

選挙戦4日目 [選挙]

2月5日(金)

辻辻での演説

今日は選挙戦4日目。

今回もスポット演説を多用しながらの選挙戦。気温が低いので、家から出てきて聴いてくださる人は少ない。

昨日は、「高齢化する地域と、若い息吹が集まる地域」について、地域の役割と健全なるバトンタッチについて、お伝えした。

次の(まちづくりの担い手)をしっかり育てることが、将来に備えることであり、高齢者が「住み慣れた地域で安心の老後」を迎えられるポイントである・・と。

ミニ演説の題材は、地域によっても替えなければならない。高齢化や子育て支援などを話しても、今一番の悩みがほかにある場合、すとんと心に落ちてくることはないからです。

昨日も、あるご婦人がはなしかけてくださった。「子育ても、高齢者支援もいいけど、環境を守ることがあいまいになっていることに一番関心がある」「加納さんは野焼きをどう思います?」と。

私は、幾分気を付けながら言った。「野焼きは禁止です。有害な焼却ガスを発生させるものなど混合焼却したらたいへん。宮代町は環境問題に早くから取り組んで、真っ先に野焼きをやめたんですから。でもね、難しい場合もある」。

そのご婦人「そうですよね。私も野焼きはいけないと思うんです。でも、町の担当課に言うと、この頃あいまいなことを言うんです。農家の人は有害になるものを畑で焼いていないから、とかいわれて、どっちなのって」

たしかに、環境問題は、立場によって悩ましい問題にもなります。「昔は草を畑で焼くのは、春先の、どこにでもある作業だった。いちいち指定袋に入れて収集車に出せない」という農家もある。

環境の決まりごとは、時間の経過とともに、あいまいさは増してくる。環境意識を保持していくためには、繰り返し、繰り返しの行政による説明が欠かせない。多くの人が決めたルールは守られるのが原則だから。

今日のミニ演説

今日の題材はもう決まっている。この時点では内緒にしておこう。

演説は嫌いではない。できるだけ静かにを心掛けている。

日向ぼっこをして聞いていてくださる方、「あんたのいうとおりだよ」と言って握手してくださる方。近所の手前なのか、聞き終わったら、そっと家の中に入っていく方。いろいろです。選挙って、スポット演説の絶好のチャンス。例の党のように、年がら年中できる作業じゃないもの。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。