So-net無料ブログ作成
検索選択

国歌歌えないのは代表じゃない?

7月4日(月)

バングラディッシュの、IS国によるテロは、悲惨すぎて理不尽すぎて、言葉もない。バングラのために全力を注いできた人が過酷な運命にあうなんて・・・。惜しい人材がなくなった。いたたまれない。

リオのオリンピックへの危惧

ブラジルの政情も決してよくない。テロの危険ももちろんあるが、競技場やインフラも、現時点で出来上がっていない。きれいだとおもっていた南米の海がひどく汚れている。物価も高騰している。世界中のアスリート、お客様を受け入れる準備ができているとは、とても思えない。ひどい状況、アクシデントを覚悟でいかなければならないか

国歌を歌えない人は・・

それでもタイムリミットが刻まれてもうすぐだ。昨日3日、リオオリンピック、パラリンピックの壮行会が行われたというニュース

ここで、はっきり口を開けて国歌を歌わなかった選手たちに、森喜朗・オリンピック組織委員会の会長がまたもや苦言を呈したらしい。「口をもぐもぐさせているだけではダメ。大きな口を開けて。大きな声で」と。「国家をうたえないような選手は日本の代表じゃない」とまで言った。

血のにじむような毎日の練習をこなし、やっとつかんだ代表の座。それだけでもすごい。計り知れないようなプレッシャーとも戦っているでしょう。

そんなすごい人たちに、あいさつで「歌えないような人は代表じゃない」なんて、森さん、何様? 幼稚園幼児に言って聞かせるような小言、やめてもらいたい。もっと大きなミッションをもっている人たちだ、選手たちは。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。