So-net無料ブログ作成
検索選択

安心して堂々と生きていける世の中に [怒り]

7月27日(水)

国中が怒りを

昨日、神奈川相模原市の障がい者施設 で起きた、自分勝手な犯人による理不尽でひどい殺人には、2日目の今日も国中の人たちが怒りを覚えている。いや、怒りを覚えているが、怒りのやり場になさにどうしようもない気持ちになっているのでしょう。

誰のせいでもなく、負った重い(複数の)知能障がいや身体障がい 者の方々。「いないほうがいい」なんて思った人がいるだろうか。どの人も大切な存在だ。

それを精神障害の疑いのある、元施設の従業員が 命を奪ってしまった。

精神障害の疑いがあった、と書いたが、今年2月末、この犯人が衆議院議長公館に手紙を持ち込んだ時も、勤務先での「障がい者はいらない」という発言からも、危険を感じ取り、緊急の措置が必要だったことが明らか。

相模原市は、施設を解雇された直後にこの容疑者を精神疾患として「措置入院」させた。それがどうして2週間後、2人の医師の診断で、世の中に放ってしまった のだろう。そして、元の勤務先である「障碍者施設」には、そのことがどうして市から知らされなかったのだろう。また、親と一緒に暮らすという言葉を信じ、その後の足取りを追わなかったのだろう。

我々が考えても、いくつもの「どうして?」が浮かんでくる。行政機関や福祉行政の連携の薄さが浮かんできて、いまさらながら、つらくて仕方ない。どうして防げなかったの?!

障がい者連絡会の会長さんの、障がいを持っても必死で生きてい行く人たちへ向けた言葉に心を打たれた。

「みんな大切な存在です。安心して堂々と生きていきましょう」 その通りです。

 安心して堂々と生きていっていただくために、私たちは、国は、地域は何をできるのでしょう。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。