So-net無料ブログ作成
検索選択

あけましておめでとうございます。 [時局]

穏やかなお正月 それだけでめでたい
テレビ各局は、未明から新春のプログラム。「初日の出」はほぼ全部の拠点から見られたみたいです。
うす水色の夜明け前の色が、薄いピンク色に、そして金色が解けるように太陽のてっぺんが顔をのぞかせる瞬間は、何度見ても美しい。
何がなくても、これだけでめでたい。

私が住む学園台では、例年除夜の鐘から朝にかけて、「身代神社」にお参りする人の足音と話し声が,家の前の道路から聞こえてくるのですが、今年はあまり聞こえなかったような気がします。

これは、夜明かしでテレビを見る人が少なくなった、寒い時にさそい合って行くのを遠慮したなど、よりお互いのライフスタイルを尊重し、無理をしなくなったということなのでしょうか。
 いいことです。おそらく飲む方も、食べる方も控えめに、健康を気にしながらになっているのでは。
 体にやさしいお正月は、きっと心にもお財布にもやさしい…。

今日は大好きな「ニューイヤー駅伝」で過ごそう。

しかし、時局は大きく舵を切るとき

国においては、「解散権」を行使してもしなくても、9月までに選挙があるのは確か。
それまでに、与党野党がどうアピ-ルするか。
いろいろ出てくるんでしょうネ。

今年はまた、宮代町、および近隣が、「合併」の再燃の中にいやでも放り込まれる年になります。

宮代町、杉戸町といった議会内勢力が半々、拮抗している自治体では、かならず態度を変えていく議員が出ます。これが流れを決定付けていくんでしょうか?
現に、宮代町でも昨年そういう方向になりました。

 一般住民の方は、どういう考えで突然態度を変えたのか、聞きたくてもその方法がありません。議会は、(住民に開かれた議会を求めるというなら)、タイムリーに「住民説明会」「公開討論会」を開催し、情報を得たいと思っていらっしゃる多くの「住民の声」に応えなければならないでしょう。

「住民投票」の必要性
何度も言うようですが、住民投票を実施する、実施するならいつかを、町長ははっきりさせなければなりません。

宮代町「まちづくり基本条例」には、「住民にとって重要な案件が生じたとき時は、住民投票を実施することが出来る」との条文があります。
町や住民の将来にとって「合併」以上に重要なことはないと思います。
町の憲法といってもいい「まちづくり基本条例」を無視し、強引に進めても「後味」が悪く、後々の「語り草」になるでしょう。

実施する時期は?
「合併」研究会が加速度をつけて一気に進んでいますが、報告のあと、町は住民説明会を設け(議会も、議員主催の「住民説明会」を必ず設け)、速やかに住民投票を実施するべきです。

★ちなみに、合併と同時に宮代町の「まちづくり条例」は失効します。

猛スピードをつけて走っている列車に飛び乗れというのか、一旦停止し、安全を確かめて乗車させるのか、という大事な決断です。 

宮代町議会、杉戸町議会ともに「賛否」議員は2分されています。
春日部市議会は、賛成多数でしょうが、そもそも議会で質問もありませんし、無関心を装っています。(内心はわかりませんが、過去の経験からけしかけるとまずいと学んだのでしょうか)

議会というところが、必ずしも住民の意向を映し出しているとはいえません。
4年前、久喜市は、議会内勢力は18:4と圧倒的に2市1町(久喜・鷲宮・幸手)合併賛成が上回っていましたが、住民投票では反対多数でした。


12月26日、町内の方からメールをいただきました

視点161号読みました。
加納さんの合併に対するスタンスは読み取れませんでしたが、
私は、前回の『春日部・庄和・宮代・杉戸』合併に宮代住民投票で反対しました。
理由は、合併プランが、合併特例債につられた道路箱物プランだったからです。

工業団地なら久喜・岩槻の方が有利だし、住民増加は(都心回帰傾向)のなかで望めません。
道路箱物は補修を中心とした最低限におさえて、低コスト行政の高福祉地域を目指すべきです。

なお、宮代町はその後ハガキによる「併意向調査」が行われました。
宮代は、春日部杉戸宮代合併に賛成であるかのように言う向きもありますが、
過半数に及ばない1位意見であったというだけです。春日部は、合併相手として論外です。

要は、合併して何をするかですよ。
杉戸と合併して低コスト行政・高福祉地域を目指すのなら賛成します。
今回の合併においても住民投票が必須であることをもうし添えます。
この方向で活動していただけることを希望します


上記の方は、住所氏名を書いてくださいました。

メール、ハガキなどでモチロン「春日部枠合併賛成」の方のもいただきますが、住所氏名が書いてありません。出所が明らかでないのは、基本的にご紹介しないことにしていますし、「春日部と合併しなければお先真っ暗。ビンボー宮代」というような文字ばかりが躍るので、ちょっとびっくりして…。
「合併しなければこんな不幸が訪れる』『町のお金は何年後になくなる」式のアピールは、住民をしてシラケさせるだけだと思います。

今回の合併は、「合併によってこんな可能性が生まれる」「新春日部市でなく、宮代地域がこんなにふうに変われる構想」を具体的に想定して知らせなければならないと思います。
メールを下さった方が言うように、

 合併で何をしたいか  です。

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。