So-net無料ブログ作成
検索選択

「子どもを2人以上産むこと」といった校長 [教育]

3月16日(水)

子供を2人以上産むことに価値がある」

ある校長が、生徒への朝礼講話の中で(校長はシリーズで話しているといっている)、「女性は子どもを2人以上産むことが大切だ」と話した。

この話題がかなり沸騰している中、大方は「なんてこと言うのだ」という意見が占めるでしょう。

が、いろいろな意見、感情の中には「当たり前のことを言っているだけ」「産む数が足りないからこうなったんじゃないか」と思っている人もいるに違いない。

だけど、社会的な話題にするのは違う。言いたければ、家族の話の中や、気心の知れた隣人とでも立ち話でやってくれ。産む、産まないは女性の個人的な事情であり、治療している人から見れば弱者攻撃と受け取れるひどい問題だ。

何でも自分の言葉で指導できると思うのは間違い

校長という、学校の中でトップに君臨している人こそ、いろんな人に配慮しながらいなければならない。ほとんどの教育者、校長先生は、本当に心から尊敬できる素晴らしい方たちだ。そういう人に何人もあっている。

ひとはいろいろな立場の中で生き、どう努力してもどうしようもないものを抱えている。そういった環境も含めて、それでも子どもたちには、できるだけ平等に公平に教育を受ける権利、幸せに生きる権利を保障してあげようと思っている教育者がたくさんいる。

しかし、たまに、この高飛車な発言をした校長のように(勘違い)した人がいるのも残念ながら事実だ。

この校長、「朝礼講話の中でシリーズでやっていることだ。一部分だけ切り取ってマスコミやネットで取り上げられても困る」「少子化という社会問題に問題提起をした」という。

そういった校長個人の「やり方」を、割り引いても、やっぱりこれはいけないと思います。

柔らかい、感受性のするどい児童や生徒たちに、《言って聞かせよう》とする朝礼講話で、取り上げることの意味をもっと考えるべきだ。

でも、多分、ムリ。この校長、こういうキャラで、これまで来ちゃったんだから。こういうキャラの人が、人に慕われ、時には教育者という立場から保護者などからおだてられ、昇進試験には難なく合格して登りつめてきた人です。

校長という立場の方には、わたしゃ、立場も弱いし、理論武装はできても迫力で負ける。だから、相手にしませんが・・。

救いなのは、この自治体の教育委員会が、きちんと機能していたことです。「これから人格が出来上がる」児童、生徒に話す言葉として適切でないと判断した。

ホッとした。


nice!(0)  コメント(0) 

ネットに奪われる子どもたちをどう取り戻すか [教育]

2月28日(日)

電子メディアの中毒性

先日,ある方から電話をいただく。「子どもたちがスマホや電子メディアに依存しているのを、本当に危惧きている」とおっしゃっていた。私も、そう思う。いったいどうなるんだろう。情操教育とは全く別の世界が進行しているのではないだろうか、と。

たしかに、授業を受けたり、家庭などで予習や復習をやるより、ずっとずっとパソコンやスマホのゲームの方が面白そうだ。外で、汗をかいて思い切り体を使って遊ぶことよりもゲームの方が面白そうだ。

「ねぇ、ねぇ、いいでしょ」とせがまれると、親は2歳の子どもにスマホの画面を見せ、スマホに子守をさせて、自分の時間をつくったりできる。

ゲームのほとんどは「殺し合い」

ゲームの内容は、ほとんど戦争もの、殺し合いもの、です。そりゃーそのほうが迫力あるし、相手を倒したときの達成感は相当大きい。現実の世界が、何もなくつまらないことばかりだから、反比例するように、過激さは増すばかりなのでしょう。

で、こういったものは中毒性があり、(はやく続きをやりたい)(もっと過激なものが出れば購入したい)となってくる。

今のところは、ほとんどの親や地域の人たちは、「今の子はITに強いな」とか「操作がすごいよ、たいしたもんだ」くらいにしか思わない。私も、実は自分のIT音痴と比べて「すごいな」と思ってしまっている一人なのですが・・。

速めに手を打つ必要はある

国全体が,IT推奨の勢いの中にある。しかし、弊害は必ずある。そういったことに早め早めに気づいて行かなければならないのではなかろうか。

28年度予算審議の中の教育分野でも、ふれてみよう。一番「想像力」が膨らむ子供時代だ。電子メディア、スマホにのめりこんでしまっていいのか。IT機器をどう取り入れ、どう抑制をかけるか、早めの≪課題抽出≫が必要な気がする。


nice!(1)  コメント(0) 

冬休み・無料塾 [教育]

12月27日(日)

進修館で無料塾

26,27日と続けて、進修館で「無料塾」が実施されていました。小学生20人ほど、中学生もいました。

対して、教える大人も10人ほどいます。ざっとみると、子ども3人に大人1人が付く、といった感じて、子どもたちの勉強を見ています。

夏休みに2日間実施した、あの「無料塾」の人たちだと思います。外から覘いている私に「どうぞ、どうぞ、中に入ってみてください」と言ってくださる。

日常的に塾に行っている子はたくさんいるのでしょう。冬期講習、夏季講習など期限付きの塾もあります。

経済的な理由で、そういった学習の場に行けない子どもたちに補修的な学習支援をしようという試みは広がっています。

私の12月の一般質問では、県アスポート支援センターの事業で「宮代・杉戸町」無料塾の内容が答弁されましたが、今日の無料塾はまた違ったところの主催のようです。

ちょっと部屋に入れてもらった私は、小3くらいの女子に「どこの町?」と聞きました。少女2人が「〇〇市です」と言っていました。

無料塾は、基本的に経済的に苦しい家庭の子どもたちへのサポートですから、実施場所とか利用している子どもたちのプライバシーなどおおっぴらにしてないのかもしれません。それで他の自治体にある進修館を使っているということもある・・・? いずれにしても〇〇市とした方がよさそうです。

あったかクラブみたいで

2日間とも午前10時から12時までの2時間。部屋の片隅にはジュースと紙コップ。ボランティアで教えている大人たち(20歳くらい~60代)と、勉強以外のおしゃべりもOKのようです。たのしそうにお話したり、勉強したり…。

生活困窮家庭とは言いませんが、家族とのふれ合い時間も少ないであろう子どもたちには、何でも話せる大人やお兄さん、お姉さんとの時間も得がたいものだと思いました。

次は、春休みになるのでしょうか。また、お邪魔してみたくなりました。


nice!(1)  コメント(0) 

良い教育をやっているのに残念 [教育]

12月22日

中学校教師が不適切付き合い

昨日夕、役場から連絡。「明日、〈議員選挙候補者説明会〉が終わった後、緊急で『議会全員協議会』を開きたい」と。

(いったい、今度はなに?)(新しい村が新しい展開をむかえたのか?)(はたまた、9月以来報告がピタッと止まってしまったTMO「るーばんみやしろ」の現状説明?)

全員協議会の内容は、「百間中学校の教員が、生徒と不適切なことになった。そのことで記者発表はすでに終わった。議員さんたちにもできるだけ早く報告したい」という。

なんちゅうことだ。みやしろ教育の良さをいつも誇りに思っている私だ。昨日、会報「視点233号」には、みやしろ教育のことをPRするつもりで記事も載せた。(一部だが配り始めた)。でも、これから印刷分は、一部差し替えて、教育に関する記事はやめよう。

今朝の新聞

全員協議会を前に、今朝の新聞で詳細が分かった。4月から新任でやってきた男性教員(23歳)が、高校生と付き合っていて、アパートの鍵を渡しているのだそうだ。この教員は、即刻、懲戒処分。(当然だ)

まだ、若いんだから、23歳のあなた、教育現場以外で、出直してよ。

こういう、けじめのつかないどうしようもない人は、キャラだからどうしようもない。早く切り離して、落ち着いた宮代町の教育に戻ろう。それ以上でもそれ以下でもない。

でも、今日の全員協議会では、いろいろな質問が出るのだろうねー。


nice!(1)  コメント(0) 

笠原まつり [教育]

11月21日(土)

穏やかな学校まつり

今日は、町内4小学校で、学校まつり。私は近くの笠原小学校で開かれた笠原まつりをのぞいてみました。全校の子どもたち、その保護者、地域の住民、もちろん先生も。みんなで作って楽しむお祭りです。

11月に開催されるもんだから、時々は初冬を思わせる寒い日になったりするが、このところ実にあったかく、今年は穏やかな「笠原まつり」になりました。

かさはらまつりあ.jpg

DSC_0085A.jpg

教室で展示したり、子どもたちがつくったゲームを楽しんだり、なにしろ「いらっしゃーい」の呼び込みも子供たちは工夫に余念がない。

DSC_0086A.jpg

いつもの「お餅つきの場所」では、お父さんたちが杵を持ち上げて力強くお餅をつく。お母さんたちは蒸したもち米を運んだり、とにぎやかな空間です。

いつも思うんですが、小学生たちのお父さんて若いんですね。トレパンや短パン姿が頼もしい。

宮代町は、ここのところ「不審者」が出たとかで、小学校の登下校に緊張が走っていた。先生たちもスクールガードのボランティアの方々も、気が抜けなかったと思いますが、今日は心から楽しんでいました。


nice!(1)  コメント(0) 

みんなとはぐれた [教育]

10月28日(水)

このところ、朝6時くらいから8時くらいまで会報を配っている。溜まっていた作業は改善されつつあります。

学校と反対方向に

7時40分くらい、残りのところの配布を終えたら、家に帰ろうとしている視線の先に、小学校低学年と思しき女の子が、学校と反対方向に歩いているのが見えます。(どうしたんだろう)

下を向いてとぼとぼ。「どうしたの?忘れ物しちゃった?」 かぶりを振るだけで何も言わない。気になる。でも、余計なことをしてもいけない。そのまま通り過ぎた。

数分後、配布が終わり、自転車を走らせているとまた、アノ女の子が、今後は学校の方に向かって、もっとトボトボ歩いている。よく見ると泣きべそです。やっぱり放っておけない。

「どうしたの? 学校へ行く?」 その子うなずく。「ひとりで行ける? どうしたの? 」その子ひっくひっく泣きそう。「ゆっくりお話しして。これから学校に行くの心配?」その子うなずく。「そう、わかった。オバさんね、学校の先生とお友達だよ。心配しなくていいよ。これから送ってあげよう」

名札を見ると2年生です。水色のランドセルが似合っています。学校との間をトボトボ行ったり来たりしているときに事件でも起こったら大変だ。送ることにしました。「まってて。お尻が痛いといけないからジャンパーを座布団にするからね」 暑くて脱いだジャンパーを荷台に巻きつけた。

6年生たちとはぐれた

笠原小学校についた。玄関付近にいた先生に事情を話す。先生「ああ、はぐれちゃったのね。今日は6年生が行事をもっていたので、急がされたのだと思います」

うん、そういえば、そうだった。7時25~30くらいの登校班が、急いでいた。小走りだった。これについて行けない低学年生が列から遅れたのでしょう。

子どもの気持ちって本当に微妙。かなり列から遅れてしまったら、とても恥ずかしくて行けない気がすることもある。それで、おうちに帰って送ってもらおうとしたら「そんなことでどうするの。自分でもう一度行きなさい」なんて言われると、ますます行きにくくなっちゃう。(うん、わかる。わかる)

あの調子で歩いていたら、1時間目が終わっちゃう。そうなると、もっともっと行きにくい。午前中の通学路にはいろんな人が歩いている・・・。

おうちの方から見たら、余計なことをする人がいる、と思うかな。


nice!(1)  コメント(0) 

小中一貫教育 [教育]

10月8日(木)

今年も英語活動の発表会

今回で8回目となるそうです。町内の学校で開催される「島村盛助」氏をたたえる英語活動発表会。

毎年、百間中学校に出かけるのですが、今年は須賀中学校にお邪魔しました。というのも、私が所属する「地方政治改革ネット」のメンバーが、宮代町に参観に来るというので、スケジュールを合わせた結果、今日になりました。吉川市、久喜市、千葉県白井市からメンバーが視察に訪れました。

須賀中0019.jpg

 中学生は、〝Heal the World”を、英語の歌と手話で。〝Waving Frag”を歌とダンスで。小学校6年生が観ています。

ところで・・・

島村盛助氏ゆかりの方が、3人ほど来賓席にいらっしゃいました。その中のおひとりが「ぜひお話したい」と児童・生徒の前に。

盛助氏と会った少年時代のことをお話しするのかと思いきや、いろいろなところにお話が飛んで止まらない。この場の雰囲気に浸って、お話したいのは分かるのですが、発表が終わってすこし疲れている子どもたちには、長く感じたのではなかったか・・。きょとんとしたり、周りを見たり・・。この方の「飛び入り」ばなしの分、25分ほど終了時間が伸びた。

来賓であり、相当ご高齢でいらっしゃる町の重鎮に、学校側が「時間です」のカンペを出すのは、そりゃー無理だったでしょうが・・・。ハプニングでした。


nice!(1)  コメント(0) 

あちらこちらに英語のフレーズ [教育]

9月20日(日)

学校の中に英語

F1000071.JPG

笠原小学校は、英語のモデル校です。校内には、あちらこちらに英語のフレーズが!

super「さいこう!」 good try「がんばったね!」 no problem「問題ないよ」 etc 子どもたちが、ちょっとした会話の中に、楽しく英語のフレーズをはさめるように、あちこちに貼ってある。ちょっと使ってみたくなっちゃうよネ。

これ、楽しい!ああ、私の子どもの頃、こんなのがある小学校だったらどんなにたのしかったか・・。

※ガラケーのケータイがボロくなって、写真がよく取れません。この後、スマホを買いに行きました。らくらくフォンのスマホ、かいましたー!


nice!(0)  コメント(0) 

快晴の運動会 [教育]

9月19日(土)

笠原小学校運動会

昨日(19日)は、笠原小学校の運動会。ぐずついていた天気も昨日は一気に晴れ、気温もどんどん上昇しました。入場行進の小さな選手たちは、胸を張って手を大きく振り、とても立派でした。

プログラムの途中の、「そうらん」 紫と黄色の衣装がお日様に映えていました。

F1000072.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

発達障がい児の学習塾 [教育]

9月1日(火)

発達障がい児の学習

モニターA.jpg

昨日、南越谷駅近くにある発達障がいを持つ子供の学習塾および就労支援の施設を視察研修しました。

支援施設「Leaf」は駅直近にある幼児教室&学習塾。発達障がい(精神障害も)を持った幼児(0歳~6歳)の児童発達支援から18歳の就労支援まで、個人個人の課題に沿って、マンツ-マンで(グループも)対応しています。

授業の時間は、leaf JUNIOR と呼ばれる幼児教室は45分、leaf Purogressと呼ばれる学習コースが50分ということです。

2005年にスタートした株式会社で、全国に教室をもっています。埼玉県では、この越谷教室のほか、志木、大宮、所沢、今年5月には川口教室もオープンしました。

発達障がい児といっても、いろいろな子がいます。たとえば、じっとしているのが苦手の幼児(男の子)、でも電車がすきな子。椅子にきちんと座ります→絵カードを使って遊びます→手を挙げてお話します→順番を守ってゲームをします、などをゆっくり学んでいきます。親御さんはモニタールームで見守ります。授業後、親御さんにフィードバックし、ポイントなどを説明します。など。

モニターB.jpg

 このごろ、さまざまな学びの場が用意されつつあります。ここ越谷教室には、荒川区、幸手市など広域から子どもが通ってきます。週1の子も、週3回の子も。

ニーズは多く、待機児童がたくさんいるそうです。ただ、利用料金が高いと思いました。1コマあたり8000円ということです。児童発達支援ということになりますと、利用者は1割負担(11000円が1100円)になります。

いっしょに行った議員たちの自治体では、公的な支援施設、NPOなどの学習支援なども始まっていました。今後参考にしてみたいと思います。


nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。