So-net無料ブログ作成

駅は財産というけれど [事業]

2月16日(火)

宮代町の宝

選挙戦の間、角々のスポット演説で、次のようなことも訴えた。

「宮代町には、狭い土地ながら南北に3つの駅がある。これは町の財産だ。宝だ。3つの駅を有効に活用し、町の発展を図る。町や議会は、ずーぅっとこういい続けてきた。だけど、財産というなら大いに活用し、とっくの昔に駅周辺は活性化しているはず。効果が出てこそ財産なのだ。変化がないのは財産でない。気を持たせているだけだ」と。

財産や宝を活かすには、タイミングや〝風”が必要なのかもしれない。しかし、風をよむにも、タイミングを計るにも、町は主導的に役割を果たしたことがあったか。無いとおもう。ひたすら(いつか、きっと)と待っていただけだったと思う。

こういったやり方を(ダメだ)とか「悪い」とか言ってはいません。駅前整備などは、しょせん、町単独でできる仕事ではないから。県、国、UR、鉄道会社など大きな組織と一緒に動き出すものだから。駅にエレベーターひとつつけるにも、国の政策による交付金がなければできないのが現実です。

しかし、財産である「駅」がいかにも、今にも、大きな発展や活性化をもってくるような気の持たせ方はどうでしょうか。もう20年もこう言い続けているのに、駅周辺は、あまり変化を見せません。

つまり、あるだけじゃー「財産」にはならないのは明らか。この後、何年、≪3つの駅が財産≫と言い続けるのか。

じゃー、「他力本願」のまちが、今、何をやっておくことが肝心か。プラス材料をしっかりフォローしておくことです。

人口、それも若い世代が増えている地域をしっかり支えておくこと。これは町単独でもできます。

「この町で暮らしていこう」という次を担う世代を育てておくこと、増やしておくことが大切です。誤解を恐れずに言わせていただくと、頼りになる納税者を育て、頼りになる消費者を育てておく、ということです。

こういったことが、動かなくなった企業の整備事業、国、県の計画を動かすことにつながっていくから。

※一気に高齢化が進んでしまった学園台、宮代台などは、かつて優良な納税者であり、優良な消費者であった。町を盛り上げたのはこういった世代だったのは、間違いない。

経常収支比率の悪い,膠着してしまった財政のまちの、わずかに自由になるお金は、キレのいい子育て支援、定住促進策に、まさに心血を注ぐということが不可欠だと思います。

次の(まちづくりの担い手)が育っているまちの玄関=「駅」に大きな組織(県、UR、東武 etc)の食指が動いていくのではないでしょうか。


nice!(1)  コメント(0) 

TMO宮代、12回目の定期株主総会 [事業]

6月29日(月)

ティーエムオーみやしろ定期株主総会

TMOというか、「るーばん」と言った方が住民にはわかりやすいのか・・。公金を大量に投入した(まちづくり会社)「TMOみやしろ」の定期株主総会も、今年度で12回目を迎えた。(T,Mとは、タウンマネジメントのことです)

設立当時、私は議会常任委員会・町民経済委員会(今はない)の委員長をやっていたこともあり、小さな株主になった。(持ち株3株9万円を出資)

その関係で、株主総会の案内(議案書在沖)は、毎年送られて来、ほとんど出席しています。

鳴り物入りで、派手に始まった補助金事業でしたが、2年目には早くも影が見えてきた事業というのも珍しい。公金が入った以上、町も関係者として株主総会に出席はするが、まったく(いや、できるだけ)距離を置いて、単なる傍観者になるのも速かった。これも(まちづくり会社)という最初の趣旨からして珍しい。

平成19年、5回目の株主総会(この時は進修館小ホールで開催された)の時は、みんなもう下を向いて静かな総会だった。質問なし。「ご承認いただける方は拍手で」には、それでもパラパラと数人が拍手。

7回目の総会あたりから、私など数名が質問をするようになった。

負債が膨れていくだけの議案書に、疑問点だけは質しておこうということだった。ただ、社長はじめ役員の長期貸し付けが増えるのを目にしているので、糾弾するのは質問者も控える。答弁を一手に引き受ける社長もつらい。

この事業は、6000万円近い公金、それにまちづくりに賛同した一般町民の出資金で運営が始まった。公金であり腹が痛まない、町民の多くは「ダメ元」の興味半分ということで小口の出資なのか、文句は出てこない。

1回目からの総会議案書を見比べて

なぜか、私は1回目からの議案書をためている。株主総会前には、毎回比べてみる。1回目の議案書は極めてシンプルだった。営業方針には、●研修育成事業 ●空き店舗対策事業 ●業務受託事業 ●共同店舗事業などが列記されていた。

始めたばかりなので、流動資産は預金3000万円、流動負債は未払い法人税たったの14900円、資本合計は2998万5000円あった。報告はこれだけだった。

12回目の今年の議案書は純資産合計が6494万9261円、未払い税金が昨年より12万円ほど減って、約95万円になっているのはいいとして、役員等からの借入金が昨年約3596万円、今年度約6001万円と2400万円増えているのが気になる。さらに役員の方々が持ち出して補てんしたということになる。

公共事業の位置づけ

公金が入って始めた事業だから、公共事業なのだ。目的に合致しなければ公金は交付されないが、当時は「中心市街地活性化」が強くうたわれていていた。当初目的が活性化であったならば、①雇用面での効果、②他産業への相乗効果 ③税金等での町への貢献 が期待されたはずである。

が、これまで、とりあえずの目的であるこれらで苦戦している。(というか、メインのスーパーが撤退した3年目から目的は消えてしまった)

租税公課は、未払い税金として計上されているわけだから、町への税金収入は、ハナから貢献できていない。

今年も、≪音なし≫の株主総会になるだろうことは予測できる。意地悪な質問は、会場のだれもが嫌でしょう。でも、総会を開く以上、「そっとしておいて」ということにはならないでしょう。

個人攻撃をするつもりはない。だって、最初は、県を通して国から大量の補助金が下りてきた、一応は公共の事業だったはず。

最初の議案書には、町長と商工会会長が監査として名前を連ねていた。

6年目からは、(県を通して国への報告)義務もなくなるということです。国の補助メニューの大方はこういうで、いつの間にか消えていくことが多い。

もう町は、限りなく距離を広げようとしている。

つまり、税金事業は、誰も責任を取らない。それでも、誰も責められない。それが(国や県の)公金投入事業というものだ。

私の知人は、「まちづくり会社というのが面白い」と、当時10口30万円の株主になった。が、「もういいよ」と、競馬でスったように寛容だ。

2回、出資を募り、3000万円+(2回目2000万円だったかしら)、株主の合計は大小129名(2011年の私の質問で)になっているが、ほとんどの人はもう気にもしていない。

今日は、午前中,TMOの株主総会。午後は「マイナンバー制度」の学習・研究会を、越谷市で実施。


nice!(1)  コメント(0) 

汚水幹線工事 [事業]

4月27日(日)

自治会費集金

例年、連休中に、学園台自治会費の集金があります。学園台自治会は、自治会費月額300円、環境費月額100円、これを前期と後期に分けて徴収する。1800円+600円=1800円、これに先日お伝えした日赤の協力金220円、社会福祉協議会の会費(基本)500円で、前期合計納付額3120円、これが今回の集金内容です。

このスパンは、2世帯減って、班長の私が集金するのは11世帯。うち、一人住まいの家が3軒ある。お出かけの家もあろうかと、事前の回覧で、27、29、5月1日の3日間、午前中に集金に伺う旨、お知らせしておきました。

それでも昨日中に、3軒の方が、「留守にしますので前もってお届けします。領収書等はポストへ」と会費を届けてくださった。その分、手間は省けたことになります。

私も、出かける時間が多いので、昨年は班長さんの集金を待たないでお届けした経験があります。家にいないで失礼かと思ったものでしたが、自分が実際集金係をやる段になってみると、全く問題なし、でした。

わが地域は、新興団地(実は、町内一の高齢化地域なんですが)の特徴である(あっさりとした)付き合いですが、これはこれで居心地はいい。

ある地域の区長会の1泊旅行には、当該地域から出ている議員5人のうち共産党を除く4人が参加するというのを昨日聞いたところですが、これはこれで大変だなーと思った次第です。

狭い地域から議員が5人も出ていては、旅行もおろそかにできない。うっかり参加しなかった場合には、地域事情に不案内、地域のことに不熱心、といわれかねない。伝統的な旦那衆⇔議員という構図があり、私がこの地域の議員だったとしても参加はするだろうと。

そこ行くと、学園台は、おそらく町内77自治会中、数少ない政治と地域活動のすみわけ地域ではなかろうか。桃山台が同じような形態をとっている。

14年前、議員に出ようとしたとき、「自治会には挨拶をした方が、礼儀としていいのではないか」という人がいたので、自治会役員会で、役員が集まる時間に、あいさつに行った(実際は、あいさつしようと思った)ことがある。が、だれもこちらを振り向かず、黙って退出した。

このあと、自治会長が言うには「あいさつに来られたこと自体迷惑です。自分がやっているときにどういう対応をしたか、のちのち問題になる。1年間、無難に過ごしたい。(もう少しで任期が終わる2月の時点だった) あなたが来なかったことにします」と。

この時は、(そういうものか)と思いましたし、あいさつはした方がいいとけしかけた人に、(だから、言ったじゃないの、カッコ悪いことになるって)と、心の中だけでぶつぶついいました。

自治会は自治会としてきっちり町に対する要求はする。議員はいらないという徹底した姿勢が、当団地にはありました。

そういうところが長所であると今でも思っています。

汚水幹線工事

そんな自治会も、長年苦しんだ汚水管の不備問題では、ほんの少しサポートの役(ほとんどは自治会の長年の努力です)を私に与えてくださった。いよいよ環境改善のための工事が始まるらしい。

予算上の工期は、3月7日から5月30日までですが、実際の施行期間は、出納整理期間の5月7日から5月30日。これは梅雨入り前までに工事を終えるということです。

昨日から回覧を回しています。1丁目、2丁目の住民は、3丁目の住人たちが長年雨水、汚水の問題に苦しんできたことは多分知りません。昨日の回覧でやっと(へぇー、そうだったの)と思ったくらいでしょう。しかし、この工事によって、環境が改善されることを願っています。

ところで、この回覧ですが、受注者のあいさつ文をそのまま回覧している。

「このたび、下水工事を弊社が施行させていただくことになりましたので、お知らせします。工事中は何かとご不便をかけますが誠心誠意努力いたしますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。尚、工事中についてのお気づきの点がありましたら、下記までご連絡ください。

発注者は、宮代町役場・まちづくり建設課・下水担当、となっていますが、受注者 として会社名、現場代理人、主任技術者、連絡先の電話番号 が書かれた業者文の回覧です。

これは、自治会への挨拶状としてはいいのだけど、回覧としてはどうかな、と思いました。現場責任、連絡先は、あくまで宮代町じゃないのかな、なんて・・。

いや、いや、細かいことにこだわり、すいません。大前提に、やっと取り組んでくれた役場に感謝して、というのがあって言っているんですがね。


nice!(1)  コメント(0) 

H23年度当初予算…近隣自治体 [事業]

2月18日(金)

地方政治改革ネット月例会

昨日は、私が所属している「地方政治改革ネット」の2月月例会。今月のテーマは、23年度当初予算。議会はまだ始まらないが、予算書、概要説明(ところによっては首長施政方針まで)が出たところがある。それを持ち寄って、大まかなところを報告することになった。

大きくくくると、TX(つくばエクスプレス)沿線が強気予算、という感じかな。このごろ「地方交付税不交付団体」のレギュラーになっている八潮市の市議が欠席したのでわかりませんが、この沿線の予算には「市税収入の増」などに強気の読みが出ていました。

おもしろ新規事業

近隣K市の新規事業に面白いのがありました。名づけて「官学連携団地活性化推進事業助成補助金」。高齢化と、人口減に悩む「T団地」を対象に、地域貢献をする大学等の学生グループを支援するもの。具体的に言えば、5Fに住んでくれる大学生の家賃を助成し、大学生達は新たなコミュニティーにおいて地域貢献する、というもの。対象大学には近隣の大学が入っておりまして、多くの学生が住んでいる「日本工業大学」ももちろん十分視野にあるということです。

〈日本工業大学〉の学生は、実は宮代町に半分も住んでいません。バイトをするにも遊ぶにも「場所」が無いからです。かなりの数の日工大生はK市、S市などに住んでいると思います。

T団地は市内でも有数の高齢化地域といわれています。敬遠されがちな5Fに若者が住んで、高齢者の役に立ったりすれば、、、との発想は面白いと思いました。

念のため申し上げますが、各自治体まだ議会は始まっていませんし、まして審議もされていません。予算、関連議案、事業ともに審議・採決前の段階ということですので。

私個人的に申し上げるなら、当初予算より22年度補正予算をどう使うかにとりあえずの興味があります。補正をどう使うか、自治体の腕の見せ所ですから。

ちなみに、宮代町は町内探訪に「電動アシスト自転車」の貸し出しという事業を考えました。地域活性化の100%国持ち出しの「21年度補正」でそろえたやつです。しかし、貸し出し実績は極めて少ないです。まるまる国からもらったお金とはいえ、さらなる発想力が必要でしょう。

かつてのヒモ付き補助金は、メニューが決まっていましたし、4分の1とか自治体負担があったのですが、アイデア競争にならないので別の意味でラクでした。

昨日の持ち寄り新規事業を見ても、「地域活性化・雇用」の交付金に大小30近くの事業を打ち出してきたところもありました。さて、事業化とその後の検証(どう効果を出したか)を注視していくのが、住民であり、議会だと思います。


nice!(1)  コメント(0) 

高齢者事業団(シルバー人材)は、ビジネスか、福祉か? [事業]

お金をもらっているんだから ビジネス
昨晩、知り合いから電話がありました。
高齢者事業団(シルバー人材センター)に仕事を頼んだが、やり残しがあった。あとで事務室に電話したら、仕事をした人が来た。
「我々は言われないところはやらない。言ってくれないからやらなかった。やって欲しいなら別料金でやる」と怒っていた
しかし、当然やるべきところである事は、みればわかる。 
事業団の事務所まで行ったが、みんな下を向いていて、相手にしてくれなかった。
と、いうような事でありました。
ちょっと前には、こんな事がありました。
近所の一人暮らしの女性が草取り、簡単な枝切りを頼んだが、 「はい、伺います」といったきり1ヶ月以上も来ない。
なぜ来ないのか、いつ来るのかの連絡もない
という事でした。

何かの行き違いでこうなるのでしょうか?
皆さんがおっしゃるのに、
お金をもらっているのだから、仕事として責任を持ってほしい」といっています。

痒いところに手が届く)人材センターとして
専門業者に頼むほどでないちょっとした作業、小さい仕事だから事業団に頼みたい、
というような仕事こそ、高齢者事業団の本領発揮じゃーないですか?

仕事のマニュアルがない。一人の人に仕事が集中する。その日の具合で機嫌が良かったり、悪かったり。
こういった苦情を、今後の運営にどう活かしていくんでしょう。

高齢者福祉所管の福祉事業である事はわかります。
町、県から補助が出ています。
しかし、れっきとしたビジネスだと思います。
ビジネスをやっているんだ、と誇りと責任を持って欲しいと思います。

私は定年をきっかけに第2ステージを有意義にする「やりがい事業」「生きがい事業」として、シルバー人材は(痒いところに手が届く)頼りになる存在だと思っています
そのために、シルバー人材センターの広域化も考えた近未来事業と捉えて一般質問で取り上げた事もあります。


nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。