So-net無料ブログ作成
検索選択

被災地の雨 [災害]

6月29日(水)

被災地の大雨が心配

関東地方は,今朝も曇り空。いつ降り出してもおかしくない。しかし、雨の量は、山沿いのダムを満たす量には遠く、まだ水系の県、自治体の水不足の懸念が晴れないらしい。

でも、梅雨らしい、過ごしやすい、予想しやすい雨には違いない。関東には天の恵みだ。

しかし、九州地方はどうでしょう。地震で被害を負った地域には、これでもか、と思うほど次々に危険にさらされる。もう、地盤が緩くなってしまっているのだ。大雨の予報のたびに心配が重なる。梅雨前線、どうか、九州から離れてくれ。

避難した人たちの薬

東日本大震災の時の教訓から、普及した「お薬手帳」の有効性が、今回あらためて確認されているという。

薬を常用している人たちにとって、必要な薬がわからない、手に入らないというのは、命にかかわることです。特に今は複数の医療機関を受診する患者が多く、高齢になればなるほどその傾向にあります。

熊本県では、薬を多く常用していた人が常用薬もお薬手帳も持たないで避難することもありました。「いつもの薬を飲まなくてはならないのに」ただ、白い薬がいくつ、黄色い薬がいくつ、ピンク色の薬が、、と記憶だけ。

ただ、単に薬といっても、その内容や量は個人によって全く違います。ひとりの人には効き目があっても、他の人には血圧を下げてしまう、ふらついてしまうなど、微妙なのが薬です。

「お薬手帳」は、いわば、処方の履歴というより、そのひとの体調と薬との微妙な相性の履歴なのです。

お薬手帳が一般に(急速に)普及して、2,3年くらいですが、今ではなくてなならない個人の体を知っているきわめて高い医療ツールであり、個人情報です。

いつも、携帯しているよう、ご家族が見守ってあげたいです。

守秘義務まもって

ところで、気になることがあります。今や、医療は一つの医療機関、ひとりの先生に頼る時代ではありません。他業種連携、地域連携などで、みんなでみんなの健康を守る、在宅医療に備える時代といってもいいです。歯医者さん、薬剤師、新聞配達、民生委員さん、宅配便、コンビニ,etc etc。みんなで一人の人まもろうという趣旨です。

それはその通りで、大いに賛同するのですが・・。

最近気になることがあります。よく聞く話です。ある調剤薬局のスタッフ、おせっかいや親切はいいのですが、立ち入りすぎるきらいはないか。

どこの病院で出した、どういった内容の処方箋か・・、大事な個人情報が一目でわかるのが調剤薬局のスタッフなんです。どうか、ビジネスに徹してください。余計なおしゃべりはしないでください。

一番に求められるのは、守秘義務のはず。医療や薬に関する個人情報は、トップシークレット中のシークレット。中には絶対に知られたくない人だっています。知人も困っていました。患者に聞かれたこと意外、余計なおしゃべりはしなくていいんではないですか?

親切、思いやりと、余計なおしゃべりは、「紙一重」。十分な配慮があっての上で、できるのが親切。


nice!(0)  コメント(0) 

仮設住宅の鍵 [災害]

6月14日(火)

熊本県益城町で仮設住宅

2300戸が全壊した熊本県益城町で、やっと仮設住宅が出来上がりつつある。今日は、ニュースで入居希望者に住宅の鍵が渡された映像。3倍の競争率だったそうな・・。

今月中に1000戸が完成し、残り400もそのあと完成するという。本格的な夏を前にやっとプライバシーが確保された人々の嬉しそうな顔。


nice!(0)  コメント(0) 

募金箱の設置場所 [災害]

4月25日(月)

宮代町の募金箱

最初の地震発生から12日たった。全国ではいろいろな形で募金活動が続けられています。

今日、役場総務課の説明では、宮代町では、庁舎、図書館、総合運動公園の3か所に募金箱が設置されているとのことです。4月18日に設置してから、5日目の4月22日現在、41万3000円の善意が寄せられたとのこと、その後も、続いていると思われます。

議会でも義援金

本日、午前11時、宮代町議会では会派代表者会議が開かれ、日本赤十字社を通じ、義援金をお送りすることになりました。

 各議員は、このほかにもそれぞれがお見舞いの気持ちを表すでしょう。

なお、行政とは別ですが、社会福祉協議会も、ご金活動をする予定ということです。


nice!(0)  コメント(0) 

被災地で [災害]

4月23日(土)

避難所で

震災直後は、とりあえず安全な場所、行政の目や手が届く場所として、避難所に集まるしかない。あるいは避難所に近い場所としては、自家用車なども。

とりあえず、水、おにぎりなどが配られ、何とか身の安全を確保する。これが第1段階であるとすれば、第2段階としては、避難所に区分けの段ボールが運ばれたり、あったかい炊き出しがあったり、簡易のお風呂が提供されたり・・・。

しかし、頻発地震の恐怖は去っていない。家を失っている人もいい。

 損壊などで家を失った人のそもそもの問題は、まったく手がついていない。「いつ、仮設住宅ができる?」という問題が出てくる。しかし、どこにどのくらいの規模で、が決まるのも大変な問題だし、着工までに1か月くらいはかかりそう。そして、着工されても完成して入れる状態になるのは、夏になってしまう。

その間にも、避難所に入れない、あるいは事情があって最初から自力の避難生活を余儀なく慣れている人たちには、エコノミークラス症候群、持病の悪化などの一刻の猶予もない問題が生じてくる・・・。

本当に、被災する、ということの大変さは、「今が苦難のピーク」ということを知らない。ずっと、ずっと続くくるしみであろうと思われます。

子どものための

避難所にいる子供たちに「今、何がしたい?」と聞くと、「勉強がしたい」が一番だと。単純に勉強したというより、非日常から解放されたいという意味の凝縮なのではないかと思います。

被災地には、子どもたちのケアをするボランティアも入っていて、(子供らしく過ごせるために)、静かな時間、体を動かす時間、勉強する時間などをつくり、少しでも子どもたちに(いい時間)をと、がんばっているのがテレビ画面などから伝わってくる。

持病を持った方、障がいをもった方、高齢の方、こういった方々の避難先として、「福祉避難所」は当然用意されてはいるはずですが、まだまだいっしょくたになっている場合もあります。家族、ご近所の方の努力や協力で、日々しのいでいる現況が推察できます。

女性たちへの配慮

所属している「政策情報センター」には、福島県内のある市の議員から、5年前の東日本大震災の状況や行動、対策など、女性への救済が上がってきている。表に出ていない問題もたくさんあったが、被災地、避難所における女性は、実際たいへんな状況を体験してきたからだ。家族や子供、高齢者の介護など自分のことより先にやることが多すぎたのも女性たちだった。その中で、弱いもの(女性)として、暴力や性暴力の対象で苦しめられたのも、避難所、避難先の実態だったのだ。

2011・4・2に福島県や被災自治体に出た要望書から当時の状況、今の被災地を考えてみたい。

【要望書】

被災者の皆様の披露も大変蓄積されていることを案じております。各避難所では、女性が、医療、衛生、プライバシーの保護も含め、人権に配慮した生活が送れるように、格段のご配慮をお願いいたします。

〇、女性専用の居場所を設けること 〇、女性専用の温泉宿泊所を用意すること 〇、各避難所に女性相談窓口を設置すること 〇、女性支援NPO等と連携協力すること

レイプクライシスネットワークの緊急アピールを添付します。避難所支援に、さらに善処をお願いします。

緊急アピールレイプクライシスネットワーク「緊急時の性暴力被害者対策の充実を求めます」

災害時に性暴力が起きた場合、その事実を通常時より告げにくい状況にあり、医療等のケアを受けることも著しく困難になります。しかし、性暴力等被害にあうということは、生命の危機に直面するものであり、早急な専門家の介入が必要となります。性暴力はその犯行自体に隠避体質があるため、実態の案件数は、計り知れません。

一例をも仕上げます。たとえば、トイレ。トイレに明かりをつけるというのは、防犯上誰でも考えることで、こ個までは、ほどなくできます。しかし、明かりをつけたことで、外から内部の様子が透けて見えてしまう事には、なかなか手が回らなかったりします。外と中に明かりがなくては、まったく危険であり、プライバシーは守れないのです。

一例だけを書きましたが、いろいろあります。避難所、被災地における日常を支える土台=女性たちに手を差し伸べることの大事さはこれから、どんどん出てくることでしょう。

東日本大震災の時もそうでしたが、パソコンに向かっているだけのお前に何が言える?!と、いうコメントがあった。その通り。だけど、自分のできることを、私は、微力ながら訴えるしかない。


nice!(1)  コメント(0) 

被災地支援にうごきだした自治体 [災害]

4月21日(木)

被災地支援に動き出した自治体

仲間の、越谷市議のツィートです。

「越谷市では、本震のあった翌々日(4/18)には、被災自治体に向け、独自に支援物資の発送を開始した。県トラック協会の協力を受け、熊本に出発。アルファ米1750袋、生理用品、おむつ、粉ミルク、ブルーシート、毛布などを積み込む。

そのた、赤十字義捐金の受け付けも市役所、公共施設などで、はじまる

とありました。

わたしは、町の担当課に、昨日立ち寄ってみましたが、宮代町はまだ動きがないようです。

全国から「ふるさと納税」を、1億1000万円も集めた宮代町。集めるだけではなく、こんな時こそ、何らかの気持ちを、行動で示すべきではないかと、思います。

引き続き、町、社会福祉協議会の動きを促し、見ていきたいと思います。


nice!(1)  コメント(0) 

地震被災地 [災害]

4月17日(日)

「屋内避難」は危ない

地震直後は、頑丈なテーブルの下などに避難して、外には出ないように。これが地震時のセオリーでありました。事実、政府も「屋内避難」を最初指示したようでした。

しかし、熊本大分などの被災地では、屋内こそ危なくていられない場所となっています。

山崩れや、家屋の崩壊で、家の中に居た人が直撃を受けた今回の地震。

11万人が避難

活断層が田畑を横切り、道路を破壊し、あちこちを遮断している。避難所はいっぱいになっても、不足する水、燃料、食料を届けられない。避難所に入れない人が、それぞれ車の中で避難している、駐車場が満杯になった。一度移動したら、再び同じ場所に駐車できない。どころか、駐車スペースは、どこにもなくなっているという。

こっちの方に居て、何もできない。申し訳ない。

せめて、もう、頻発自身が落ち着いてくれればいい。落ち着かなければ、ボランティアの受け入れもできない。まだまだ、そんな状況じゃないのだ。

新聞テレビの報道に、ハラハラしているだけがつらい。


nice!(1)  コメント(0) 

ひどい冠水 [災害]

9月10日(木)

町のあちこち冠水

ここ数日の大雨。気象庁は「特別警報」を発した。これは最大級の警戒を、ということでいつ災害が起こってもおかしくない事態です。

テレビでは、土砂災害警報、河川の氾濫注意などを呼び掛けています。宮代町は、傾斜地などないので、冠水はあるだろうが、まァ、大丈夫と思っていました。

それでも、いつも冠水する学園台3丁目など、そうとう水に浸ってしまって、さぞお困りだろうと、夜が明けるのを待って、5時、スニーカーにハーフパンツパトロールに出かけた。(このいでたちが、ひどいことになるのは、あとのことです)

学園台3丁目は昨日から「立ち入り禁止」の立て看板。道路も歩道も深く水の中に沈んでいました。新聞配達の人は長ぐつでポストに。日本工業大学の守衛さんみたいな人と「いやー、ここはいつも大変ですね」とやりとり。

学園台冠水.jpg

その後、本田地区で冠水しやすい萩原工務店前、「生鮮市場」スーパー前の道路へ。いつも冠水するこの場所は大丈夫。超ゲリラ豪雨には弱いが、長く降り続く豪雨には耐えて、水捌けはできるようです。

続いて、笠原小学校周辺。いつも冠水する場所だ。ここはひどい。一面広い池になっている。東武動物公園のお客用駐車場、交差点、歩道すべて水をかぶっている。深いところは1mくらいの深さか・・。↓

駐車場冠水学校前.jpg

笠原落としに係る通学用の端の方に回ってみる。橋は高いところにあるので冠水していないが、橋までの通学路は水に浸って子どもの足では無理。↓

2冠水 笠原小学校.jpg

 笠原小学校に行く通学路はすべて、深く冠水しています。今日の登校は無理でしょう。

 その後、役場の方に。役場の南側は冠水。道路は、大した冠水ではないと思って無理やり自転車をこぐと、たちまちはねた水で膝まで濡れる。仕方なく自転車を降りると、30センチくらいの深さ。あきらめて水の中をじゃぶじゃぶ歩く。(この地域は、こんなに低かったのか)と初めて気づく。

 道仏区画整理地はどうか、気になって自転車を走らせる。KASUMI前の交差点で、「地下道、冠水」という文字が目に入る。東武線をアンダーで越える地下道に通行止めの看板。見下ろすと、何と用水路のような深さ。今まで集中豪雨でも冠水しなかった「宮代地下道」。あまりのもろさにびっくり。

冠水地下道.jpg

↑ 川ではありません。地下道です。こんな冠水はじめてみました。

笠原小学校・臨時休校

7:00 役場から連絡が入る。私が視てきたとおり、笠原小学校には、水が深くてどこからも入れない。臨時休校。ほかの週中学校は、迂回したりで、入れる。

7時現在の被害状況

〇冠水23か所以上 うち通行止め10か所  〇床下浸水世帯(笠原地区) トイレ水逆流  〇古利根川 氾濫注意の水位なるも、オーバーフロー、決壊なし 

役場の体制

宮代町役場では、昨夜11;30 警戒態勢第2配備 町長以下30名の職員待機  進修館、川端公民館、和戸公民館の3か所に避難所設置

なお、笠原周辺の施設 「六花」「あたらしい村」「町立図書館」も周辺の冠水がひどいため、オープンできない可能性が強いと思います。出かける前に問い合わせする方がいいと思われます。

他市町と比べたら、宮代町の被害は少なくすみそうです。職員の皆様、お疲れ様です。


nice!(1)  コメント(0) 

台風でーあちらこちらが冠水 [災害]

10月6日(月)

30㎝も冠水

台風接近情報で、関東地方を通過するのが正午ごろとのこと。昨晩あたりから強めの雨が降っていました。しかし、ゲリラ豪雨みたいなものではなく、ちょっと強めの雨。

こういう降り方では冠水など起こらないのではないかと、タカをくくっていました。しかし、午前8時ころ、いつも冠水する道路は、やっぱり水の流れが止まり、池になってしまった。

学園台3丁目の、いつも道路が冠水するところは、30㎝も水をかぶってしまいました。

これは雨水が姫宮落としの方に流れていかないからで、ここだけでなく、町のあちらこちらで流れがストップする、あるいは逆流する現象が起こっていました。

冠水.jpg

学園台3丁目は、雨水のほか、これまで汚水の流れも不具合が生じていて、大雨のたびに汚水管から汚水が吹き出すといった事態になっていましたが、6月の本管へのバイパス工事が完了してからは、吹き出しはなくなったようです。

全ては県の工事の進捗にかかっている

姫宮落とし川への雨水の流れが止まるのは、ここ学園台だけじゃなく、あちこちで苦情が出ています。小手先の処置ではなく、抜本的対策としては、姫宮落としの大改修しか解決の道はないといってもいい。

今回の台風による大雨のときなど、町(担当課)は、即時対策として職員の巡回パトロール、土嚢作成・設置、冠水仮称に「交通止め」を表示する、といった作業を行うといっています。今朝も、対応に追われていたようです。

抜本的改修を、とにかく急いで実施するよう、強く、真剣に県(河川課)に要請しなければなりません。東武線と交差するあたりで工事をやっているのはわかりますが・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

水道管の耐震化 [災害]

7月9日(水)

台風8号

これまで経験したことのないスケール、と表現されている台風8号が日本の国土を総なめにしそうだ。西表、沖縄を経て北上して九州で右折する。そうすると関東地方に影響が出るのは11日くらいになりそう。

11日に申し込んでいた第4回「総合窓口セミナー ~住民にも職員にも優しい窓口へ~」学習会からMLで連絡あり。予定通り開催するかどうかは出席者全員に10日10時くらいまでに判断して連絡するという。主催者のしっかりした対応、ありがたい。(これは絶対行きたい。「窓口のお・も・て・な・し」は行政の目指すところだ)

沖縄地方では、避難勧告59万人に対して実際避難したのは947人ほどとか。台風の通り道である沖縄および八重山諸島は、家の周りにコンクリートの囲いなどがあり、慣れない避難行動より家にたほうがいいと判断したのでしょう。実際屋根が飛んだ、とかの被害は急ごしらえの歓楽街などの被害みたいです。

老朽化した水道管

厚生労働省は水道管の耐震化計画に関する指針を新たに策定する。東日本大震災の際、病院や避難所に通じる水道管が被害を受けたことなどを踏まえてであります。

人工透析に水は不可欠

東日本大震災では、東北地方だけでなく、東京都内でも水道管が被災。人工透析液を作るのに大量の水が必要だった医療機関に対し、自治体が給水車を派遣したケースもあった。こうした教訓を踏まえ、岩手県や東京都などでは、医療機関を「重要給水施設」と位置付け、水道管の耐震化事業を進めている。

ただ、耐震化事業の立案や推進が遅れている自治体や事業者も少なくなく、参考となる指針の策定が求められていた。検討会は「震災などの災害時には、特に避難所や病院などの重要施設への給水が必要になる」と報告している。

 この報告を受けて厚労省は、6月27日付けで、都道府県や水道事業者に対し、既存の管路の更新に優先順位をつけ、効率的な事業実施を求める通知を発出。東日本大震災の被害状況の分析などを参考に、新たな指針を策定し、被害発生の抑制や影響の最小化を目指すという。ーーキャリアブレインニュースから(要所抜粋)ーー

古い建物の下(管路)

宮代町においても、新しい建物(六花や町庁舎など)はたぶん大丈夫でしょうが、学校関係、公民館が心配だ。これらの建物は30年以上経過した古いものが多い。にもかかわらず避難所に指定されているところが多い。

建物の下の水道管など管路は見えないところだ。教育施設の管路の耐震診断、補強修理などはできるだけ早く着手しなければならない。


nice!(1)  コメント(0) 

記録的な大雪の影響 [災害]

2月23日(日)

記録的な大雪

先週の記録的な大雪の影響で、孤立している村はまだたくさんあるようです。山梨県内、そして埼玉秩父市などの山間地域に多く、水分の多い雪は除雪作業を困難にしているようです。

山梨県内では、人工透析を予定通り受けられず、症状が悪化している人が、自衛隊のヘリや車両、救急車によって医療機関に搬送されています。山梨県内には約2200人の透析患者がいますが、除雪作業が追い付かず自宅から出られない患者が受診を延期しているのだと、医療関係の情報が伝えています。

依然73人孤立

23日夕現在、群馬県が1世帯、埼玉県が25世帯、山梨県が20世帯、合計で73人が孤立していると新聞が伝えていました。

孤立が救済された後にも、多分、大きな額の農業被害が報告されるのでしょう。大変です。

食事の配慮で

県は、透析患者に症状の悪化を防ぐため「タンパク質や塩分などを控えて」と食事の配慮を呼びかけています。

対応が遅れた埼玉県

今日、夕方のテレビ特番では、秩父市内の孤立している村からSOSが出ていたのに、「住民の命にかかわる事態ではない」との判断から、自衛隊の出動要請をしなかった埼玉県の判断に疑問を投げかけていました。

困っていたのは、秩父市内と言っても、合併で広大に広がった山梨県境の旧大滝村など山間の部落。秩父市長は「十分、命の危険がある事態」と、県を通じて自衛隊の作業を要請し、大雪で遮断されている道路の除雪、病気を持っている人の搬送などを切望していたという。

しかし、県はこれを認識せず、「命にかかわるような事態ではない」として、県知事はイベントなどに参加していた。危機管理が全くできていなかった県知事に、同番組は「県が認識しなかったので、孤立した村は大変だった」と伝えていた。

この判断の差が、患者さんなどの状況に大きく影響した。これにより、同じ孤立した村を持つ山梨県と比べて、埼玉県は2日ほど、自衛隊の出動が遅れたということです。番組の中では、県知事は前述したように認識の甘さ、対応の遅れを認めなかった。しかし、遅かりし、あとのニュースでやっと反省の弁が流されていました。

普段から、細かい想定、擬似訓練などをしておくことの大切さはもちろん、「地域防災計画」には、それこそ「地域」ならではの「大雪編」の具体的計画を盛り込んでおく必要があろうと思われます。

雪かきシャベル在庫なし

余談ですが・・・

昨日、幸手の「ジョイフルホンダ」で、雪かきシャベルを購入しようと思い、売り場を探しました。そしたらどこにもない! 店員さんに聞いたら「在庫ありませーん。このあと入ってくるかどうかもわからない」と。

そうなんだ、今年は想定以上の雪が降ったんだ。雪かきシャベルが手に入らないのなら、もう、雪が降らないように祈るしかないです。[end][end]


nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。