So-net無料ブログ作成
検索選択
その他 ブログトップ

年度初め [その他]

4月2日(水)

さわやか連の神社ご奉仕

昨日朝、身代(このしろ)神社の前を通りかかった。神社の前に2本そびえる桜が見事に咲き誇っている。それを見上げて目線を下に戻すと、数人の方がほうきで境内を掃き清めている。鳥居にかけられたしめ縄の取り換えをやっている人もいる。比較的高齢の方々だ。身代神社の氏子さんだろうか。(あっ、知っている人がいる!)

神社2.jpg

神社.jpg

「Kさ~ん、おせわさま。これはどこがやっているの」というと、Kさん(冗談が大好きなおばちゃん)「さわやか連合でやっているの。定期的に」

「写真撮ってよ、見合い写真に使うんだから」「そうですね、ただいま売出し中って見出しつけとくネ。」

そうだったんですか・・。いつもきれいに手入れされている身代神社。さわやか連(老人クラブ連合)の方々もボランティアに出てくださっているんですね。この方たちのほか、毎日早朝5時くらいに掃き清めているご婦人も知っている。(おひとりで)

年度初めで初めての人ばかり目につきますが、こうやって定期的にご奉仕を続ける方がいるから、桜も颯爽と咲いていられるんですね。

消費税アップでも

さて、消費税アップになった現実は、昨日買いものして即実感しました。

ところで、消費税増税は、高齢化社会をはじめとした社会保障に回すお金がないので、これに特化して使うってことだったですよね。

でも、現実は4月1日から公的負担料金の値上がりが目白押しじゃーないですか。

介護保険料(2号保険者)が月額310円上がります。年金保険料が月額210円上がります。70歳以上の負担が1割から2割負担になります(70~74歳の医療費が4月1日以降70歳になる人からアップ)

このほかにも、来年には介護保険料(1号被保険者)の介護料金が改定されるし、電車代、バス代、それからそれから・・・日を追うごとに負担アップ分を実感することでしょう。

もらう額の減

ところが、もらう方は年金支給額が0.7%下がるのをはじめ、厚生年金も、もらう方は下がる。高齢化する社会を支えるためなのに、高齢者に負担を押し付けるだけになる。

≪社会保障の充実のため、税額を上げて対応≫という大義名分は、庶民には納得できない。

今年の秋から年内いっぱい検討して来年10月以降の消費税10%を決めるというけど、絶対なるね、これは、10%に。

さらに言わせてもらえば、一般財源から社会保障費に回す額が増え続けるから、その分を消費税アップ分で賄おうという仕組みは理解しても、じゃー一般財源が楽になった分、借金を減らすかといえば、行方の分からない補助金をばらまく方に回すのだ。これは許せない。

国民が我慢した(成果)を無駄に使ってもらっては困る。


nice!(1)  コメント(0) 

求人票と違う [その他]

1月14日(火)

求人票と違う

雇用状況は好転しているというが、内容が必ずしも良くなったとは言えない気がする。実際務めてみたら、求人票と違うという事例が多いと。

たとえば、始業時間が、求人票に書いてある時間と実際は違っていた。実際は、慣習で始業30分前に出社して雑用をやっておく。あるいは、仕事の内容が求人票にかかれているのと違っていた。また、基本給が違っていた、などです。

まだまだ、買い手市場というか、求職者のほうが弱い立場を押し付けられている。

働くことを後回しにすることに?

一方で、求職者のほうで仕事を選んでいるというのもある。望む環境じゃないという理由で、働くことを後回しにするというのもある。

若者の場合、なんだかんだ言っても保護者の方に余裕がある。生活保護世帯が増えているというのも事実なら、日本の世帯の平均貯蓄高が2000万円余というのも事実。

保護者の庇護のもと、「自分の希望する職が見つかるまで専門学校に」とか「大学を出てからフリーでチャンスを待て」といった環境も許されるらしい。

便乗値上げが始まった

消費税8%になるのを前提に、便乗値上げが始まったという。便乗には乗るまい、と思うのですが・・。

明らかに値段が違っているのはわかりやすいが、微妙に数量や目方を減らされているのはわからない。消費者としては、その分生活をスリム化して対抗する。つまり、8%分カロリーや量を減らすのはどうかな。結果がよさそう。


nice!(0)  コメント(0) 

金芝河さん、無罪に [その他]

1月8日(火)

金芝河氏39年ぶりに自由の身に

韓国の中央地裁で開かれた再審で、政治犯とされて39年間も拘束されていた金芝河氏が、無罪となったというニュースが流れた。逮捕されてからの39年の長さを思う。

無罪とされた理由は、「犯罪は存在しなかった」という。今更ながら「なんということだ・・・」と言葉もない。

彼が逮捕されたころの韓国は、朴大統領の独裁政権下だった。民主化を求めて運動した人たちは逮捕され、たくさんの死刑判決が下った。内外の抗議が広がり、朴政権もむやみに死刑執行できなかったけど、ずっと自由の身になれなかった。

この39年という長い時間が流れた中で、実にいろいろなことが起こった。

朴政権の独裁に反対し、民主化を訴えた政治家の金大中氏は日本滞在中に拉致され、韓国に連れ戻されるるという「金大中」事件が起こったり、独裁維持のためにいろいろな事件や迫害が続いていた。

一方、独裁者の朴大統領の家族は、独裁に反対する思想・政治団体から狙われ、朴大統領の妻が撃たれ、朴大統領本人も凶弾に倒れた。妻亡き後朴大統領をサポートした娘も顔を切られるなどの攻撃を受けた。

私は、金芝河の投獄、金大中の拉致、が起こったときは埼玉県にいた。20代だった。朴大統領が撃たれたときは大阪にいた。30代前半だった。その後の光州市などにおける学生たちの民主化運動のときは福岡県にいた。30代後半だった。

ニュースを聞いたその時々のシチュエーションがよみがえってくるが、この国(韓国)の民主化はまだまだ遠いと、幾度も暗澹たる気持ちになった。

その後も、豊かになってい行く韓国でも、政治は、汚職や金権で腐敗しているように見えた。

しかし、というか、やっぱりというか歴史は動いているんだなー、と思う。

金芝河氏を釈放したのは、朴大統領の娘

昨年末の韓国大統領選挙で、新しく大統領になったのは、あの≪独裁者≫の娘でした。今は独裁の時代ではありません。独裁者の朴大統領が逮捕し身柄を拘束し続けることになった自由詩人・金芝河氏を解放したのは、(事実上)その娘の朴大統領だった、というのが感慨深い。

金大中氏を殺さなかったのも、国内外の世論であり、金芝河氏が死刑執行されずに39年後に自由を獲得できたのも、内外の世論があったからだと思う。

実は、ここ10年ばかりは、(金芝河氏が、どうしているのか)(生きているのか、もう死んでしまったのか)考えたこともなくなっていた。ニュースが流れなかったからだが。

それにしても、両親を撃たれ、自身もほほに切り傷が残る、朴大統領という新リーダーが、(恩讐のかなたに)政治犯(といっていいのかどうか)を解放する、時間の経過はすごい。

いいニュースでした。


nice!(0)  コメント(0) 
その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。